ベトナム、ホーチミン市2区の日本人幼稚園
「みらい幼稚園」です
Header image
img-himg-h

text-1

遊びの中で「生きる力」の基礎を育みます。

「プロセスの中で育つ力」

教師が意図的計画的に環境を準備し、その中で「子どもが自ら気づき、興味関心を持ち、遊び始める、遊んでいるうちに子どもは自ら課題を持つ」という過程を大切にしています。与えられた課題ではなく「自ら課題を持ち乗り越える」その繰り返しの中で子どもは自信を持ち、自分の世界を広げていきます。遊びこんでいくほどに周りの子どもたちと、イメージをつなげたり、イメージを共有したり、イメージの違いでぶつかったり、心のぶつかりあいを経験することで、気持ちを調整する力を身に着けることもできます。そしてその中で友だちになったりさらに関係が深まったり、困難にぶつかると友だちと一緒に一生懸命考えたりします。また友だちと協力して全力で乗り越えようとしますのでそのプロセスの中で協同性も芽生えます。
考える力、判断力、自己抑制(がまんすること)、協同する(力を合わせる)ことなどを子どもたちは身につけていきます。何かができるようになることはとてもうれしいことですし大人はそこに着目しがちですが、本当に大事なのはそこに至るまでのプロセスの中で子どもが試行錯誤したり、友だちと心を合わせたりしていくこと、それが子どもにとって「生きる力」となっていくのです。  みらい幼稚園では子どもが自ら発達していく力を認め、その姿に寄り添いながら、子どもの可能性を引き出していくことをモットーに日々子どもと向き合っています。

「心が動けば体が動く」

img-1 ホーチミンでは子どもが遊べる環境はなかなかありません。幼稚園では子どもが思い切り体を動かして遊べるように環境の工夫をしていきます。 幼稚園では小学校のように体育の時間があるわけではありません。「心が動けば体が動く」と言いますが、「体を思い切り動かして遊ぶ」ために子どもが「やってみよう」と興味関心を持つような環境をいろいろと工夫しています。そうして子どもが「体を動かすことは楽しい」「気持ちいい」と思えるよう、また体を動かすことが大好きな子どもになって欲しいと願っています。
5歳児のダイナミックな遊びは2歳3歳4歳の子どもにとって大きな憧れになっています。同じように出来ると思って真似をしたり、加わって遊びに入れてもらったりしています。 そのような経験の中で運動能力や体力は一緒についてくるのです。 また、庭にドンとある大きなプールは子どもにとって魅力的な存在です。少しずつ環境を変化させながら水に親しませています。年中組ともなれば飛び込んだりもぐったりまるで魚のように泳いでいます。 また、専門の講師による運動遊びはボールへの興味を引き出したり、思いきり走りまわる気持ちよさを感じたり、日常の保育の中でのサッカーごっこへとつながっていったりします。

英語にふれる

img-2 欧米人の講師のもとに絵本を読んでもらったり、うたを歌ったり手遊びをしたり、集団遊びをしたりして英語に親しんでいます。

top

text-2

やってみたい!

img-3
自分の世界を広げていくときであり、大人のまねをしてなんでもやりたいときであり、また個人差も大きいときです。 歩いたり、走ったり、跳んだり、ボールを蹴ったり、投げたり、もぐったりなどの身体機能、またちぎったり貼ったり手先の機能の発達を促すような保育、また言葉で十分気持ちをあらわすことができない時期であることを踏まえた保育をしていきます。「・・・のつもり」「・・・のふり」などを十分楽しませイメージを膨らませる経験もできるよう工夫していきます。自我の育ちを積極的に受け止め子どもに自信を持たせていくようなかかわりを大切にしていきます。
top

text-3

ありのままに!

img-4
友だちとの遊び方を学んでいくときです。 運動機能が伸びいろいろな面で自立できるようになって知的好奇心や関心が高まる時期でもあります。自己発揮ができるよう見守り、同じ場所でそれぞれの遊びを楽しんでいる子どもたちが、遊具や道具の取り合いをしたり、いざこざを経験したりしながら友だちの存在を意識し、だんだんルールを守るようになっていくプロセスを大切にしながら、共通したイメージで遊びが楽しめるよう援助していきます。
top

text-4

ぶつかりあい!

img-5
様々な物の特性を知り想像力が豊かになり目的をもって行動するようになります。また、全身を使って様々な遊具や遊びなどに挑戦しようとする時ですが、イメージの違いでぶつかり合ったりイメージを共有して遊びが広がったり自分の行動や結果が想像できて不安になるなどの葛藤も経験する時なので、成功体験を積み重ねながら自信を持たせていきます。 自己を十分発揮することと、他者と協調して生活していくことを身に着けていくプロセスを大事にしながら、自己肯定感や他者を受容する感情を育んでいきます。
top

text-5

みんなでやったらできた!

img-6
基本的な生活習慣が確立するときであり運動能力もますます伸び目的のある集団行動ができるようになり仲間の中の一人としての自覚が出てくるときです。 試行錯誤をしながら自分たちで遊びを発展させたり、自分たちで決まりをつくったり、けんかをしながらも自分たちで解決したりしていくことを大切にし、役割分担をした協同遊びが生まれるよう環境を設定したり、また自然事象や社会事象、文字、数に関心が出てくるときを逃さず、それを広げたり 深めたりして学びの芽を育んでいきます。
top
Untitled Document

みらい幼稚園

No.1-2,57 street, Thao Dien Ward,
District2.HCMC
Tel : +84 28 3744 6270
+84 12 0833 1833(日本語直通携帯)

TOP